【WEEKLY OCHIAI】学びをアップデートせよ のまとめ

日記

 

 

 

 

2019/01/30

今週のテーマは【学びをアップデートせよ】

学びをアップデートせよ
今回のWEEKLY OCHIAIは「学びのアップデート」。人生100年時代を戦うために、世代ごとに必要な学びを考えます。 ゲストは、人生100年時代に「学び方」の変革の必要性を指摘する、東京大学教授の柳川範之さん、英語コーチングサービスPROGRITを展開する岡田祥吾さん。そして、産業医として日々数々のビジネスパーソン...

以下見ながらの同時メモ+補足と意見

ゲストは柳川 範之さん(東京大学教授)  岡田 祥吾さん(GRIT代表)  大室 正志さん(産業医)の3名.

 

 

 

【差し入れ】おやすみ. 落合さん期待してたw 個展,1日1000人も来てる
時間がなかったのかな?いつだったか地元(金沢)の商品が出てきて以来気になるコーナーである.
 
【今週のニュース】
GDP:政府統計,間違ってないといいけど…  Huawei:ー  大坂なおみ:素直にすごい  
嵐:嵐は大変.嵐をやめても嵐.落合さんも気づかれる.TX内にサインの列ができる.  三菱商事:ー
統計問題は不信感が広がらないように誠実に対応してほしいよね…市場的には信じるしか無いのだが.
やっぱり落合さん人気ね!もし見かけても迷惑に思われたくなくて声かけられなそうw
 
 
 
【Ochiai’s pick】個展.デジタルの権化たる落合さんから観た質量のアート性.タルボット振り返りながらデジタルから見たアナログ.とにかく量がやばい.
個展すごく良いです.落合さんの写真が好きな人,落合さんの言ってることを理解したいけどいまいちわからない人は無料なので行ってみて.色んな人のNOTEやブログで紹介されてるので雰囲気はそちらを参照.トークイベントのレビュー書きましたので見てね.
 
 
 
学びをアップデートせよ】
大人・ビジネスパーソンの学び,生涯教育.
・20代 
課題:仕事からいかに学ぶか
①仕事の圧倒的な量  ②成果が出る仕事 が重要.
働き方改革=メンバー型からジョブ型へ.
ジョブ型においては「石の上にも三年」の「3年」は仕事による.
向いてることを圧倒的な量やる(出来る).
受験勉強スタイルからの離脱.
どうやって向いていることを探すか.
→本気でやる.
→分野ごとの定量的な指針がないとわからない.(スノボは滑れるようになるまで,など)
→自分で選んだ仕事かどうか.関心が持てる,楽しめるかどうか.
→自習力が必要.教えてもらえる環境が整備されている.
20代の私からするとまぁそうだよねとしか言えない内容. 
岡田さんの言う「本気でやれ」っていうのは文字だけだと誤解生みそうだし,実際配信でも勘違いされて叩かれそうだなと思ったw
ただの根性論ではなく時間を忘れて夢中で出来るようなことをやろうっていう文脈だと思うのだけど.
 
各分野で1人前になるのに要する時間が違い,それぞれの定量的な指針がないため迷うという課題は確かにある.私の仕事は「施工管理職」なのだけど,どんな工事にも共通しているスキルと工種ごとに変わる必要な知識があって外から見てもなかなか理解できないと思う.
これに対しては実際やってる人に聞くのが一番早いので友達を作るのが一番かなぁ.最後の落合さんのボードにも繋がるけど.
 
 
ちなみにここではやりたいことや好きなことを誰しも持っている前提で話が進むけど実際はやはりやりたいことがなくて悩んでる層が一番多そう.NewsPicks見てる層は違うのかもしれないけど,社会を変えるには底から掬っていかないとと思ったりした.
そこがクリアな人は成果が出る仕事を圧倒的な量をやるだけだから楽しいよね.
 
・30代 
めんどくさい年代である.おっさんの自覚がない.
社会から「30代」で固まらせようという圧力がある.
これまでは 諦める=安定する.→幸せ であった.
結婚や出産などライフイベントが増えるが,敢えてリスクをとることが学びにつながる.
可能性を限定したくないが故,「これ」が見つからない30代後半.優等生が陥りがち.
かといって一生の仕事と意気込むと決められない.そもそも一生の仕事など無い.
リスクが過大評価されている. 失敗経験が前向きに評価されるようになってきている.
自分の専門分野で学んだ経験があれば,別分野の学びの吸収も早くなる.
マネジメントについて,経験からの学びが活きる.
家庭をもつことによる学びは自分ではどうにもならないことに対する学び.諦め→優しさ.
 
30代への固まれ圧力があるんだね.私の周囲では未だに一生一社で勤め上げる風潮しか感じないけど,リスク取ってその経験が評価されるようになってるならいいことですね.
モラトリアム引きずるか,おっさん自己認定して諦めに逃げるか二分されてる感はわかる.
 
 
周りでかっこいいなと思う人は得てして仕事ができる(=専門分野で語れる)から言ってることは非常にわかるし6年後はそうありたい.
 
 
 
・40代
これからの時代はまだ向こう40年ある.考え直す時期.
日本人は主語を曖昧にしがち.「あなた」はどうしたいのか.
意思決定する機会を作ることが学びにつながる.
落合さんの40代はアートしているだろう.国プロ,教育はやりきっているだろう.
大室さんの学び方:拡張型,七並べ型.つながった領域を学んで広げていく.DJ↔他動力
40代は分析能力,言語能力が伸びやすい.
アウトプットが学びにつながる.
アウトプットを意識してインプットしないと吸収率が格段に落ちる.
学びのスピードは個人差があるのでわがままにやっても良い.
人に直接聞ける.
学校の学びのシステムが嫌いなだけで勉強が嫌いではないかもしれない.
 
40代になったときのことは想像もつかないというのが正直な感想ですね.
 
配信を通して思ったけど大室さんの例え話めちゃくちゃ分かりやすいよね.面白いし.
学びの広げ方として自分の専門分野から七並べ的に広げていく,或いは自分の知識要素を因数分解して学び直す,DJが曲の繋がり考えるように学びのつながりを見つけていく.なんと想像しやすい例えでしょうか.多分他のレビューも七並べとかDJって単語が多そうw
学びの斜め展開っていうのも良いですね
 
 
アウトプットが大切なのは最近ようやく理解してきて,この文章もそうですね.
最後の,既存の教育システムが嫌いなだけで勉強時代は好きかもしれないというのはもっと広めたいですね.そういう人多そう.
 
既存の教育システムが目指していた時代はもう終わっているので時代に合わせて教育もアップデートしないとね.
 
明日から学びをアップデートするためのファーストアクション
落合陽一「友達を大切に」
教えてくれる人を確保 学べる量が減る 常に高い方向を見ている集まりでないといけない
柳川 範之 「失敗する」
恐れず失敗することで経験と学びが生まれることを理解する
岡田 祥吾 「ビジョンとアウトプット」
自分が何が好きかとアウトプット
大室 正志 「学びは七並べ」
自分の資産を因数分解して学ぶことの興味を広げていく
 
 
ボードにいい感じに総括されてますね.
 
メタ的には今回はトークがテーマに沿いすぎていてあまり「面白い」回ではなかったですね.
個人的に落合さんが自分の世界を語ってる言語とリズムが好きなだけかもしれないが.
最近延長多かったから台本通り進めたのかな?何にしてもゲストは1人がいいと思う派です.
テーマの「学び」が大きなテーマだっただけにあまり深掘りした話が聞けませんでしたが内容は重要なことのオンパレードですね. 
 
20代として私が重要だと思ったことは「圧倒的な量をやる」「専門分野で語れるようになる」「アウトプットを意識したインプット」「学びの斜め展開」「友達を大切に」
この辺ですね.
 
ここで言う友達があまりいないので,この場も繋がりの一つにしたい.
私が語れるのはこのブログに書いてあることや,上記の自分の職種です.興味がある方はコメントなりリプなり知れると嬉しいです.
 
あとグラレコはすげぇ.
 
 
 
 
 
次回は「働く女性をアップデートせよ」がテーマです.観覧は女性だけかな?
観覧行きたいなぁ,というか日程合う時は全部応募しよっと.
 
 
 
かわいい.
 
 
ではまた.
 
 

コメント