晴れた日曜は散歩(という名の食べ歩き)に限る

日記

 

 

散歩に最適な季節は秋ですが散歩しててエモい季節は冬だと思う,はしもとです.

 

年明けのゆったり感が抜けきらない中の3連休は非常にありがたい.

なんてことを思いながら浅草界隈を徘徊して参りましたので,僭越ながらその様子をお届け致します.

 

 

まずは自宅から公共交通機関で10分程で行ける吾妻橋へ.

 

とその前に最近の悩みを1つ紹介させて頂く.

こちらをご覧ください.

そう.ファミチキである.

最寄りのコンビニがファミマであるがゆえ,出かける度にファミチキを買わざるを得ないのだ.

ガーリック味なるものが発売された時は本当に辛かった.

これから人に会うという時にも食べざるを得ないのだ.苦渋の選択である.

 

それはさておき.

吾妻橋である.

 

吾妻橋におけるターゲットは塩パンだ.

塩パンごとき,と侮ることなかれ.

塩パンが秘めている可能性は偉大なのだ.

まず,うまい

そして,安い

 

「うまくて,安い」若しくは「安くて、うまい」.

食品に対しての最高級の賛辞と言えるだろう.

塩パン以外にこの2つの条件を満たすものといえば,キャベツ太郎ぐらいだ.

 

それはさておき,その塩パンがこちらだ.

 

 

どうだ,ただの塩パンにしか見えないだろう?

ではこちらもご覧いただこう.

察しのいい墨田区民,若しくはパン大好き主婦は吾妻橋でピンときたかと思うが,今回塩パンを求めてやって来たのはかの有名なパン・メゾンである.

 

察しの悪いその他有象無象の皆さんに端的に説明すると,塩パンが有名な店だ.

わかり易すぎる.

 

来店するのは二度目である.

前回も塩パンを頂いたのだが,その際はパンが焼き立てではなかった為,リトライである.

 

余談だが,全ての食事に対して思うことがあるが,たて」が一番うまい.

塩パンを含めこの世のありとあらゆるパンというパンは,焼き「たて」が一番美味しいだろうし,天ぷらやとんかつなどの揚げ物は揚げ「たて」が一番美味しい.

 

噂によるとお菓子の出来「たて」を食べられる工場見学などもあるというではないか.

 

パン屋さんで,トレイとトングを手に取り意気揚々と鼻息を荒げながらパンを選んでいるであろう皆さん.

トングをカチカチやってる場合ではないですよ.

 

今あなたが選ぶべきは,有名なメロンパンでも,長いソーセージが入ったパンでも,醜いアンパンマンでもないですよ.

そう.

焼き立てのパンです.

種類なんて関係ないです.

「焼き立て」か否か,それがパンの満足度を決める唯一無二の指標なんです.

焼き上がり時間を公表しているパン屋さんこそ評価されるべきなんです.

 

閑話休題.

焼き立ての塩パンを入手するのに15分ほど待ちました.

ちなみに100円です.

焼き立ての塩パンは最高に美味しかった.塩とバターの奏でるハーモニーを楽しんでいる間は外の寒ささえ忘れていました.

「たて」信者のはしもとはまた来店するでしょう.

 

真面目なレビューをしておくと,まず割と混んでます.

塩パンは常に焼き上がり続けているのでタイミング次第ですが10分ほど待てば焼き立てを食べられるでしょう.

塩パン以外にもメロンパンなどありますが早い時間に売り切れているイメージがあるのでお早めに.

支払いは現金のみです.お店の方見てたら電子マネー決済対応の検討をお願いします.

買うつもりがないのにお店の前を歩くと,いい香りに誘われ気がつくと塩パンの袋が右手にさがっています.気をつけましょう.

 

ファミチキと塩パンだけで1000字超えちゃったよ.

先が思いやられる.

 

パン・メゾンから駒形橋の方にフラフラ歩いていきます.

 

 

墨田区すぎる!!!THE墨田区である.

駒形橋から吾妻橋,言問橋方向を収めた写真であり,7月の最終土曜日であれば花火の第一会場がバッチリ見えるであろう.

 

春はお花見夏は隅田川花火と季節ごとに色んな顔を見せてくれる素晴らしい地域だがよく考えたら秋と冬はなにもないな.

秋と冬の楽しみ方を教えてくれ.塩パン以外で.

 

隅田川を渡ればもう浅草である.

浅草感が出て参りました.神谷バー.小説なんかでよく登場するので知ってはいるが行ったことはないランキング堂々のNo.1である.

 

 

からの雷門ドーン!!!

ここで人と待ち合わせていたのだけれど,「雷門にいるよ」っていうのがなかなか佇まっててよかったな.

皆さんには特別に,雷門の肛門部分を公開しておこう.

本邦初公開である.そんなわけない.禍々しい彫りが施されており興味を引くが,観光客が多すぎてじっくり見られないので,とくとご覧あれ.え?興味ない?そんな…

 

 

 

 

特に意図はないがたくさんのダルマである.外国人がみて「WoW…」と言うであろう素晴らしい趣である.

 

 

更に意図はないが,それっぽい加工を施したダルマ群である.もはや怖い.

 

 

 

ダルマなどを傍目に仲見世通りを抜けると見えてくる小舟町の門.

 

そしてこちらが小舟町の肛門である.

 

なんだか見えづらいが雷門の提灯と同様に怪しげな彫りがこちらにも施されている.

観光客が多すぎ(ry

 

おそらく縁起が良いであろう煙を浴びたり,

お参りをしたり,おみくじを引いたり,

良さげな雰囲気がプンプンと立ち込める路地を歩いたり.

 

浅草大満喫である.もはや散歩ではなくただの観光客である.いや,気合の入った観光客である.

 

 

気合が入ったところで次に向かったのはこちら.

 

浅草メンチである.

肉汁が溢れ出るなどというありふれた表現ではカバーできない肉汁がそこにはあった.

肉汁の読み方について,肉汁と肉汁で散々もめているが,当ブログでは【肉汁】に統一させて頂く.

更にHPのURLがasamenと潔い.改めて好きになった.浅草寺に訪れた際はぜひご賞味あれといったところである.

 

ちなみにこのメンチカツも揚げ「たて」であった.

やはり「たて」は最強.説がまた一つ説得力を増した.

 

 

流石に食べ過ぎでは?といった類いのツッコミは全て無視して進めるが,次はこちらだ.

 

お腹をすかせて申し訳ない,お好み焼きである.

オコモというお店である.

お好み焼き屋だというにも関わらず店内が何故かバリ島の雰囲気で統一されているという,

一見コンセプトブレブレなのだが,そのギャップがまた良いのだ.

 

 

 お好み焼きももんじゃ焼きも鉄板焼きも美味しいが1点だけ気になる点がある.

2019年初カッコつけをキメようと,トイレ行くふりしてお会計作戦を決行したのだが,クレカ渡したあと何故か席に戻るよう指示され,え?え?とオロオロしているうちに席にサインを求めてきよったのだ.

それじゃ意味ないでしょ!と思いましたがこちらの意図がうまく伝わってなかったかもしれませんので次回があれば気をつけます.

 

そんなこんなで最後に浅草で一番夜景が綺麗なスポットを紹介して終わりにしましょう.

 

雷門の向かいにあるこちらのビル,浅草文化観光センターである.

 

8階からの夜景がこちら.

 

スカイツリー,雷門~仲見世通り及び浅草寺が一望できます.

 

夜に浅草来たら必ず行きましょう.

iPhoneの写真では伝わらない良さがそこにはあります.

 

 

余談ですが,馬喰町のバーでワインを飲んで帰りました.

リピート確実な雰囲気◎のお店でした.

 

 

 

 

…ちょっとまってほしい.

ワインは「たて」より「熟成」の方が美味くないか…?

 

「たて」理論,早々に瓦解を迎える.

 

 

 

ちょっとしたお散歩&食べ歩き紹介のつもりが長々と書いてしまいました.

浅草ブラブラする際はぜひご参考に.

 

 

 

 

最後に悩みをもう一つ.

 

行きで必ず食べてしまうファミチキ,帰りも同様なのだ.

1日2ファミチキは明らかにカロリーオーバーである.

減量記?なにそれ?である.

ファミチキに罪はないが,その魅力は犯罪級と言えよう.

 

 

ではまた.

 

 

 

コメント